面接に行く前に自分チェック

面接は就職やアルバイトに合格する前に通らなければならない道の1つです。

面接に行く前に自分チェック

面接は就職やアルバイトに合格する前に通らなければならない道の1つです。履歴書や適性検査の結果だけではわからない部分を実際に会って雰囲気や話し方などをみるためです。でも必要以上に緊張する必要はありません。

面接時の服装は、アルバイトなら少しラフな格好でも清潔感があれば大丈夫な場合がありますが、就職時は何を着て行けばよいか迷うくらいならスーツかきちんとアイロンをかけたシャツと皺のないジャケット姿でのぞみましょう。靴もきちんと手入れしたビジネスタイプが無難です。きちんとした服装で行くのにこしたことはありません。髪形は長ければ1つにまとめて女性の場合は化粧は控えめに、清潔感を与える身だしなみを心がけましょう。

持ち物にも気をつけます。いかにも買い物帰りのような荷物を持って行ったりせずに、必要最低限のバックだけにした方がよいでしょう。ついでにここにきたのではなく、面接のために来ましたと見える様子も大切です。食事後なら笑った時の歯に何かついてないかも確認しておきましょう。面接時間には遅刻しないよう、余裕を持って会場に向かいます。万が一事故で電車が遅れる場合は分かった時点で連絡しましょう。予定外の出来事があった時にきちんと連絡できる人物かどうかも判断材料とされる場合があるからです。

Copyright 2016 面接に行く前に自分チェック All Rights Reserved.