面接に行く前に自分チェック

面接前に自分が全体的に清潔感のある様子かを確認し、面接会場に向かいます。

面接を受ける時の注意点

面接前に自分が全体的に清潔感のある様子かを確認し、面接会場に向かいます。受付では今日の〇時に面接の予定できたことと自分の名前を聞き取りやすい声で受付担当者に伝えます。面接までに時間があったり、他の人達と一緒に控室で待たされている間もきょろきょろ辺りを見まわしたりスマートフォンをいじったり大声で話したり笑ったりせずに静かに待ちましょう。実際の面接会場の様子だけでなく受付から面接が始まっていると思った方がよいでしょう。できれば携帯電話やスマートフォン等の電子機器の電源はここで切っておきます。

名前を呼ばれたらドアを3回ノックし、「失礼します」と言って中に入り一礼します。面接官が座るよう促すまで席に座ってはいけません。席近く(横)に立ち、自分の名前を述べ、よろしくお願いしますとまた一礼します。席に座るようすすめられた時も背中まで深く腰掛けるのではなく、握りこぶし1つ分背もたれから離れるようなイメージで座り、背筋を伸ばします。女性は足を揃えて座ります。面接官と話す時は目を見て話すのが理想ですが、苦手であれば相手の額から鼻にかけての部分を見るようにするといくぶん緊張もほぐれるでしょう。

質問には自分のわかる範囲で答えます。張り切り過ぎる必要はありません。面接する会社がどんな人を欲しがっているかによりますが、会社に入りたい志望動機がはっきりしているか、周囲の人と協力できるか、常識があるかをみられるケースが多いです。「何か質問はありますか」と言われたら常識の範囲で疑問を尋ねましょう。終わったらお礼と共に必ず「本日はありがとうございました」の一言と共に一礼し、ドアを閉める時も「失礼します」と一声添えて一礼します。会社を出る時も誰かに会ったら挨拶をして帰りましょう。自分からの挨拶が良い印象につながるからです。

Copyright 2017 面接に行く前に自分チェック All Rights Reserved.