面接に行く前に自分チェック

面接は大抵の場合緊張します。

面接時に困らないように

面接は大抵の場合緊張します。緊張すると汗が出るという人はあらかじめハンカチを2枚用意しておいた方がよいでしょう。水分補給ができるよう、小さいペットボトルサイズの入れ物に飲み物を用意しておいて緊張感を和らげたり喉を潤して話しやすくするために準備しておくと便利です。トイレも事前に済ませておきます。

もし面接の最中に汗をかいてしまったら、「汗を拭いてもよろしいでしょうか」と断りを入れて拭きましょう。ダラダラと汗を流したままだと面接している側も気になります。緊張して質問が聞き取れなかった時は「すみません、もう一度お願いします」と言って繰り返してもらいます。ただし、何度もお願いしてはいけません。2度以上すると注意力が無いと思われてしまう可能性もあります。きちんと質問を聞いて答えようという姿勢が大切です。

面接を受けている最中は姿勢を良くして面接官をできれば目をまっすぐに見るようにします。視線が苦手な人は額から鼻にかけて目を向けるようにするといくぶん緊張が和らぎます。視線をそらしたりするのは印象が悪いのでしないよう気をつけましょう。髪の毛を触ったり貧乏ゆすりをしたり手をせわしながく動かしたりするのも緊張していると無意識にやってしまうかもしれませんが極力しないように意識します。

Copyright 2017 面接に行く前に自分チェック All Rights Reserved.